| Open this page in English |
国際学級カリキュラムと日本語学習(JFL)
 
このページでは、併設する国際学級インターナショナルクラス)について、ご案内致します。
英語によるご案内はこちらをご覧ください
 

国際学級(インターナショナルクラス)は、オーストラリアの義務教育制度に従って運営されている、「オーストラリアの小学校」です。シドニーに滞在する日本人のご家庭から入学することもできます(入学について)。

オーストラリアの小学校ですので、授業はすべて英語で行われます。

学年は、小学幼稚部(キンディ、Year K)から 小学6年生(Year 6)までであり、オーストラリア指導要綱が定める以下のコア・カリキュラムを含んでいます。

■ 英語(English)

■ 算数(Mathematics)

■ 理科(Science and Technology)

■ 社会(Human Society and its Environment)

■ 図工(Creative Arts)

■ 保健体育(Personal Development, Health and Physical Education)  

上記コア・カリキュラムに加え、語学学習としての日本語学習(JFL)が毎日あります。

国際学級では、小学幼稚部(キンディ)からYear6 (小学6年生)まで、語学学習としての日本語の授業が毎日一時間あります。 これらの授業では、言語学習だけでなく、日本の文化に接する機会もたくさんあります。

日本語を単なる言語として教えるだけではなく、日本語全体の文化的なアプローチも用いています。子どもたちには、日本という文化に直接に接する機会を大切にしてもらいたい、と考えています。

英語環境で生まれ育つ子どもたちにとっては、日本語はまったく未知の考え方と言えます。 例えばひらがなと漢字、カタカナによって、同じ単語を表現することができ、また一文字の漢字には複数の読みがあるなどの日本語構造は、アルファベットのみの英語に比較すると、より深い理解と複層的な思考をうながすと考えられています。


シドニー日本人学校の国際学級(インターナショナルクラス)では、こうした子どもたちに日本語を教えることで、複雑な構文にも対応できるような思考を身につけさせています。


さらに子どもの学習段階に応じて、教師がサポートにつき、必要に応じて細かなケアを行っています。

国際学級には、すでに日本語での生活言語が確立している子ども、また日本語の家庭環境のある子ども、そして初めて日本語に触れる子どもと、様々なレベルの子どもたちがいます。

日本語学習(JFL)では、その子どもたちのレベルに合うようなプログラム、クラス分けを行い、一日一時間の指導をしています。

キンディ入学時、基本的に子どもたちは2つのクラスに分かれて学習します。1年生になると、3つのコースに分かれての学習が始まります。

プログラムやレベルは、BOARD OF STUDIES(オーストラリア教育省)のステージシステムをもとに組まれていて、本校では、「日本語1」、「日本語2」、「日本語3」という名称を使っています。現在、「日本語2」と「日本語3」では継承語(家庭などで学ぶ言語で、母語とは異なることもあり得る言語)としてのプログラムも組み込まれています。卒業時の子どもたちのレベルは、日本語1の場合は現地のハイスクールの8〜9年生(Year 8 〜Year 9)程度、日本語2では10年生(Year 10)程度、日本語3はハイスクールでの継承語日本語コースを履修できる程度までに到達します。

今後、子どもを二カ国語環境で育てたいとお考えのご家庭や、日本の伝統的な価値観・文化を保持しながら、多文化環境にふれさせたいとお考えの場合には、子どもの就学をシドニー日本人学校の小学幼稚部(キンディ)から始めることが、非常に有効に作用すると思います。
ミックスレッスンとは、同学年にあたる日本人学級の生徒と、国際学級の生徒が、一緒に学ぶ「合同授業」のことです。本校の「シドニーバイカル」教育の根幹を成す柱です。世界でも珍しい、ユニークな教育システムです。

ミックスレッスンは、音楽・図工・体育の3教科で行われています。
音楽は専科の教師が担当し、体育・図工は日本人学級、国際学級両方のクラス担任が共同授業(ティームティーチング)を実施しています。

ミックスレッスンは英語と日本語の両言語がひんぱんに飛び交う、とても活発なひとときとなります。これも、文部科学省の学習指導要領に基づきながらオーストラリア特有の教材も採り入れているという特色によるものです。子どもたちにとっても、非常に有意義な時間となっています。

各国の授業時間数の関係から、ミックスレッスンは2学期に1度の実施となります。
 
 
Page top