| Open this page in English |
概要と歴史
 
名 称
英語名
シドニー日本人学校
Sydney Japanese International School
所在地 112 Booralie Road, Terrey Hills, N.S.W. 2084 Australia
TEL (02) 9450-1833   
FAX (02) 9450-1192      
敷 地 56330平方メートル(14エーカー) 約17,000坪
施設設備 教室:15 特別教室:18 倉庫:4 管理棟 ガレージ 体育館:1 
職員構成 派遣教員:12 現地採用教員:18 メインテナンス:1 事務:7 その他:3 計:40
設   立 昭和44年5月15日
 
 
シドニー日本人学校は昭和43年、シドニー日本人会総会において日本人学校設立が採択され、翌44年、先進国に設立された最初の日本人学校です。

当初はリンドフィールド地区の教会を借りて開校しました。当時の児童数は33名でした。昭和45年、ニューサウスウェールス州教育省により、オーストラリア私立学校としての認可をうけ、昭和46年、現在地テリーヒルズに新校舎が完成、移転しました。

また、本校はNSW州認可私立学校として、当初、学級定員の1割以内で、豪州子弟(オーストラリア国籍の生徒)に門戸をひらきました。しかし当時は英語ではなく、すべて日本語による指導でした。そこで、豪州子弟の英語の学力不足を解消するために昭和50年(1975年)1月に創設されたのが本校の「国際学級」です。

日本人学級と国際学級が併設されている世界で唯一の学校となりました。

その後、平成のはじめに雹(ひょう)による校舎破損や老朽化のため建て直され、平成8年、現在の校舎である新校舎が落成しました。素晴らしい自然環境に抱かれ、最新の設備を備え、優れた教職員から本校独特の教育指導を受けることが出来る、世界でひとつの学校です。

創立当初より、将来日豪の架け橋となる国際性を備えた人材を育成しようとするのが目的です。

これからも児童生徒のために、日豪社会に貢献する日本人学校として、職員一丸となって取り組んで行きたいと考えております。
 
 
 
 
Page top