ランチタイム・メニュー2018-08-03T12:23:45+00:00

ランチタイム

タックショップ

NSW州の学校では、お弁当を持参して昼食を取ります。本校では、学校内のタックショップでランチを購入する事もできます。

最寄りのスーパーで販売している茶色い袋に注文内容を記入し、料金を入れて子どもたちに持たせるだけです。

お弁当や寿司などの日本らしいメニューや、ピザやパスタなどの子どもに人気のメニューもあります。サンドイッチやハンバーガーは、新鮮な材料を使用してタックショップで調理しています。

タックショップメニュー2018年7月版

タックショップ 丼ぶりメニュー

茶色い袋の記入例

先生とのランチタイム


NSW州の学校では、昼休みとランチの時間の区別がなく、教室の外でお弁当を食べます。遊びに夢中になり、お弁当を食べずに残して帰ってくる事も珍しくありません。

SJISでは、国際学級も日本人学級も、先生と一緒に教室でお弁当を食べます。クラスメイトや先生と席を並べて、一緒にお弁当を食べる時間は楽しみなひとときです。天気の良い日には外でピクニックをしたりします。日本らしく食事の時間の大切さを学べる環境を心がけています。

また、定期的に国際学級と日本人学級の児童が一緒にランチを食べる「ミックスランチ」の時間もあります。

ランチリセス

ランチの後は、ランチリセス(昼休み)があります。「食」の時間と「遊び」の時間を分ける事で、どちらにも集中して有効的な時間の使い方ができます。

プレイグラウンドや運動場は、先生方の監視のもと安全につとめています。縄跳びやドッチボール、一輪車などの日本の学校で人気の遊びや、オーストラリアで人気のハンドボールなどを学級間の垣根なく一緒に遊びます。

図書館の開放日があり、ランチリセスの間に本を読んだり、借りる事もできます。